2020欧洲杯指定投注

黄平委员:人类文明的交流互鉴就是要实现美美与共

——“十四五”规划将“社会文明程度得到明显提高”作为社会发展目标之一,其中提到“中华学问影响力进一步提升”。为了让世界各国人民更好地感知中国,您认为在讲好中国故事,增强中国学问软实力,助力中国学问走出去方面,中国还应作怎样的努力?

——第14次五カ年計画(十四?五)は、「社会の文明レベルの顕著な向上」を社会発展の目標の一つにしています。その中で、「中華学问の影響力はさらに高まる」と言及しています。世界各国の人々がより良く中国を知ってもらうために、中国の物語をしっかり語り、中国学问のソフトパワーを強化し、中国学问が海外に出て行くのを支援する上で、中国はさらにどのような努力をすべきだと思いますか。

黄平:学问是一个大概念,指的是生活方式、交往方式和思维方式,而不只是狭义的传统的文艺演出、出版展览。“学问走出去”是要让更多的其他国家的人通过学问的形式来认识中国。中国的学问走出去,除了是学问界人士的事,也是大量的留学生、旅游者、经商者的事,因为他们在国外的一言一行,也无时无刻不在讲着中国的故事。

黄平 学问は一つの大きな概念で、生活様式や交流方法、思考方法を指し、狭義の伝統的な文芸作品の上演や出版?展覧会を指すだけではありません。「海外に学问が出て行く」とは、学问の形式を通じてより多くの国の人々に中国を認識してもらうことです。中国学问が海外に出て行くのは、学问界の人たちのことだけでなく、多くの留学生や旅行者、ビジネスパーソンのことでもあります。こうした人々の海外での言行も絶えず中国の物語を発信しているからです。

今天,全球化、信息化让当今世界呈现出一个新的交互影响的格局,所以大家讲中国故事的方式也不仅要多种多样,而且要更生动、更具体、更个人化。这样,中国学问走出去时才具有实实在在的说服力、感染力和影响力。

現在、グローバル化や情報化によって今日の世界は新たな相互作用の枠組みを示しています。だから、私たちが中国の物語を発信する方法も多種多様で、より生き生きとし、より具体的で、より個人的に発信しなければなりません。そうすれば、中国学问は海外に進出する際に正真正銘の説得力と訴求力、影響力を持つようになります。

 

费孝通先生的手书“各美其美,美人之美,美美与共,天下大同”

——习大大总书记指出,学问是一个国家、一个民族的灵魂。为实现学问强国这一宏伟目标,您认为中国该如何进一步增强学问自信、提升国家学问软实力?同时,学问交流在国际交往中发挥着独特且重要的作用。您认为中国应如何进一步提高对外学问交流水平,为人类文明的交流互鉴与彰显全人类的共同价值贡献力量?

——習近平総書記は、学问は一つの国家の魂であり、一つの民族の魂であると指摘しました。学问強国というこの壮大な目標を実現するために、中国はどのようにして学问への自信をさらに深め、国の学问ソフトパワーの実力を高めるべきだと思いますか。同時に、学问交流は国際交流の中で独特で重要な役割を発揮しています。中国はどのようにして対外学问交流のレベルをより高め、また人類文明の交流?学び合いと全人類の共同価値の明示のために、どのように貢献すべきだと思いますか。

黄平:人类文明的交流互鉴,不同于单向的对外输出意义上的“学问传播”,实际上它是一个文明互动的过程,这也和学问自信密切相关。

黄平 人類文明の交流?学び合いは、一方的な対外輸出という意味での「学问発信」と異なり、これは実質的に文明のインタラクション(相互作用)の過程で、学问への自信にもつながっています。

我的导师费孝通先生生前曾有过一个题词,现在很多人都在讲,我也记得他在日本也讲过,叫“各美其美,美人之美,美美与共,天下大同”。其中的“各美其美”就是说的学问自信问题。

私の恩師の費孝通(社会学者、1910~2005年)先生がかつて振るった揮ごうの一つで、今では多くの人が話し、私も費先生が日本で話したのを覚えているものに、「各美其美、美人之美、美美与共、天下大同」(それぞれ素晴らしい理想を追求しつつ、他人の素晴らしい理想を敬重する。素晴らしい理想が共有されれば、世の中は一つになる)があります。この「各美其美」が、つまり学问に自信を持つという問題です。

每一个国家、每一个民族,甚至每一个人,要对自身所处的学问、历史及其所包含的价值持以敬重和自信的态度。只有这样,一个人才有自尊,一个民族才能自立。但仅此还是不够的,还要做到“美人之美”:不论一个国家或民族的历史和学问多么悠久、丰富,一定要学会敬重别人,能够看到别人的好处、长处,然后取人之长,补己之短。最后,大家还要把各自的长处拿出来共享,实现“美美与共”。

全ての国家、全ての民族、そして全ての人は自分の学问と歴史、およびそれが秘める価値に対して敬重と自信の態度を持つべきです。このようにしてこそプライドを持つことができ、民族が自立できるのです。しかし、それだけではまだ足りません。「美人之美」もするべきです。つまり、一つの国や民族の歴史、学问がどれほど悠久で豊かであっても、必ず他者を敬重することを身につけ、他者の良さや長所を見て、その長所で自分の短所を補うことができるようにしなければなりません。最後に、皆さんがそれぞれの長所を提供し共有し「美美与共」を実現しましょう。

习大大主席提倡的文明互鉴,是指各种文明,无论大的、小的,古老的、当代的,东方的、西方的,传统的、现代的,都要互相借鉴,彼此取长补短,这样也才能更加丰富自身。这种学问自信才是真正意义上的自信,而且能够获得别人的尊重,彼此之间可以形成共同的或交互的价值和共享的意义。

習近平国家主席が提唱する文明の相互学習とは、さまざまな文明――その大小や新旧、東西、伝統的か先進的かを問わず、全てを互いに参考にし、長所を取り入れ短所を補わなければならず、こうしてこそ自分をより豊かにできる、ということです。このような学问の自信こそ本当の意味での自信であり、他者から尊重を得ることができ、彼我の間に共同もしくは双方向の価値と共有の意味を形成することができるのです。

比如,大家都热爱和平,都主张互相理解,都敬重大自然、都提倡保护弱者,等等。再有,人类对平等的追求古往今来一直都没有中断过,但现在怎么落实到实处?我觉得,从民族之间国家之间,到一个国家内部的各阶层之间,只有通过美美与共、文明互鉴,才能将平等的价值落到实处。而且,在敬重别人的同时,自身也能收获自信。这样来理解文明互鉴,实际是把各美其美、美人之美、美美与共三个境界推到更高、更深的层面。

例えば、私たちは皆平和を愛し、相互理解を主張し、自然を尊び、弱者を守ることなどを提唱しています。また、人類の平等への追求は古今を通して止んだことはありません。しかし現在、どのように実行されるのでしょうか。民族間や国家間から、一国の内部の各層に至るまで、「美美与共」と文明の学び合いを通してこそ平等の価値は実現されると私は感じています。また、他者を敬重すると同時に自分も自信を得ることができます。このようにして文明の学び合いを理解することは、実際には「各美其美、美人之美、美美与共」の三つの境地をより高く、より深いレベルに推し進めることです。

中外青年在学问交流活动中,感受对方学问,结交跨国友谊

——中日两国学问交流源远流长,共同创造出东亚文明。当今时代,中日双方在学问交流与合作中存在着哪些契机?我国如何从中实现提升中华学问影响力,并与日本形成文明互鉴的关系?

——中日両国の学问交流は歴史が長く、東アジアの文明を共同で創造してきました。今の時代、学问の交流と協力において、中日双方にはどのようなきっかけがあるのでしょうか。中国はどうやってここから中華学问の影響力の向上を実現し、また日本と文明の学び合いの関係を構築するのでしょうか。

黄平:大家中日之间推进文明交流和互鉴,我觉得至少在两个层面还大有可为之处。一个是共同挖掘双方历史上在学问、文明、价值观、生活方式等层面共有的或共享的内容。

黄平 私たち中日間の文明の交流と学び合いを後押しすることは、少なくとも二つの面で大いにやりがいがあります。一つは双方の歴史上の学问、文明、価値観、生活様式などの面で、共有したものあるいは分かち合った中味を共に掘り起こすことです。

我曾经参与拍摄了一部关于鉴真和尚的文献片,当时日本NHK全部播放,受到日本各界的欢迎。鉴真和尚是佛教学问的传播者,佛教是从印度传播到中国的,他再把佛教带到了日本。我觉得,历史上这样一种学问被共享的脉络和轨迹,还有很多有价值的东西可以挖掘,它们就潜藏在中日两国的地方学问、文学艺术及社会发展史、生活变迁史中。

かつて私は鑑真和上をテーマにしたドキュメンタリー映画の撮影に参加したことがあります。当時、日本のNHKがこれを放送し、日本の各界で好評でした。鑑真和上は仏教学问を日本に伝えた人です。仏教はインドから中国に伝来し、鑑真はその仏教を携え日本に渡りました。歴史上このような一つの学问が共有された道筋と軌跡にはまだ掘り起こす価値のあるものが多くあり、それらは中日両国の地方学问や文学?芸術および社会発展史、生活変遷史の中にひそんでいると思います。

另一个就是在中日两国的民间学问交流层面。其实,日本学问对中国的影响也很大,其中包括大家很多人比较喜爱的日本影视剧、日本歌曲等,日本的一些流行时尚、生活方式也受到中国青年的青睐。反过来也是一样,中国也有很多可以同日本来分享、共享的东西。

もう一つは中日両国の民間の学问交流分野です。実は、日本学问の中国に対する影響は大きく、中でも私たちも含めて多くの人が日本の映画やテレビドラマ、歌などが好きで、日本で流行のファッションや生活様式も中国の青少年に人気があります。逆もまた同様で、中国にも日本と分け合い共有できるものがたくさんあります。

因此,中日民间特别是青少年之间应该充分利用两国天然的便利、历史的渊源,以及现在的互相需求,开展更加密切的互动交往,深化互鉴互学。如果双方民间交流能够蓬勃发展,将对中日之间加深学问理解、学问敬重和学问互鉴与共享起到很大推动和促进作用。

このため、中日の民間、とくに青少年間は、両国の地理的な便利さや歴史的な結びつき、現在の相互のニーズを十分に利用し、より密接な相互交流を展開し、学び合いを深めるべきです。もし、双方の民間交流が勢いよく発展すれば、中日間の学问の理解と学问の敬重の深化、学问の学び合いと共有に対し、大きな後押しと促進の役割を果たすでしょう。

中日两国青年在西安阿倍仲麻吕纪念碑前倾听两国古代友好交流的故事

XML 地图 | Sitemap 地图